名前
小嶋 伸司

一言

業務としては保護者、生徒、講師に対してと、大きく3つに分けて考えていただくといいかと思います。

保護者との関わり

入会を検討している保護者と生徒は、勉強に対して、または塾そのものに対して何かと不安を感じていたりするものです。
初めて塾に来られるご家庭に安心感を与えられるような面談時の対応、入会後の継続的なフォローが信頼を得るために重要です。

生徒との関わり

いろいろな個性を持ち、毎日のように違う表情を見せてくれる生徒がいますので、生徒と話しているうちにいつの間にか一日が終わっていくなんてこともしばしば。
当然ながら親御様に比べて生徒とは顔を合わせる機会が多いので、子どもと接するのが楽しいと感じられるというのは教室長の一番大事な要素といえます。

講師との関わり

講師の育成も教室長の大切な役割です。
教室長は基本的には授業を行わず、講師に授業をお任せすることになります。
生徒と比較的年齢が近く、生徒のためにと熱心な講師が数多く在籍していますので、授業を担当する講師への働きかけが教室の評判を左右します。
講師、生徒双方をつないであげるようなちょっとした声かけが楽しく活気のある授業を創り出すためのコツです。